女性のための保険相談サイト

保険選びで迷ったら…女性ならではの保険について相談

第一位

保険マンモス


保険マンモス

創業10年を迎える無料保険相談サービスのパイオニア。お客様アンケートでは、95%以上の人が「満足」の評価。経験豊富なFPが多く、相談者一人ひとりに最適な提案をしてくれる。公式サイトで保険診断もできる。

無料相談の申し込みはこちら

第二位

あなたのFP


あなたのFP

生命保険だけでなく、家計や貯蓄、老後の生活、相続、住宅購入などについてもアドバイスがもらえる、オールマイティなFP相談サービス。無料メール相談、無料電話相談など、相談方法が選べる。

無料相談の申し込みはこちら

第三位

みんなの生命保険アドバイザー


みんなの生命保険アドバイザー

「ファイナンシャルプランナーの紹介サイト」として、地域・相談内容から、担当FPをWebから指名できる。FPは、特定の保険会社に所属していないので、相談者と同じ目線でアドバイスしてくれる。

無料相談の申し込みはこちら

HOME » 女性が入っておきたい保険 » 定期医療保険

定期医療保険

定期医療保険は保障期間が決まっている保険です。
一定の年齢まで保障されるタイプ(歳満了)と、10年間や20年間というように何年間の設定で保障期間が決められているタイプ(年満了)の2タイプがあります。

歳満了タイプ

一定の年齢まで保障される歳満了タイプの保障期間は、加入時から契約で定められている年齢の契約日前日までとなります。
60歳まで、70歳まで、80歳までなど、必要な期間だけ加入できます。

終身医療保険に比べると保障期間が短いので保険料は安くなります。
保険が更新されないので、加入期間中に毎月の支払い保険料が上がることもありません。

期間満了で契約終了時に、その後の保障が必要な場合、その時点の年齢、健康状態に基づき、新たな医療保険に加入しなければなりません。

年満了タイプ

10年間や20年間というように何年間の設定で保障期間が決められている年満了タイプ。
保障期間は、加入時から契約で定められている期間となり、1年間、10年間、20年間などの期間設定があります。

一定の年齢まで保障される歳満了タイプと違い、保険の更新が可能です。
もし更新するなら、最初の設定と同じ期間の更新になり、保険会社が定めている年齢の上限まで更新することができます。
毎月の支払い保険料は、更新時の条件で決定され、更新時に告知書などによる新たな診査の必要もありません。

終身医療保険に比べると保障期間が短いので保険料は安くなります。
しかし、更新のたびに保険料が変わるため、長期間続けると終身医療保険の保険料を上回ってしまうこともあります。

終身医療保険と定期医療保険の大きな違いは保障期間で、保障期間として安心できるのは終身でしょう。
ですが、定期医療保険の方が保険料が少ないため、入院保障に重点を置くことができます。

女性特有の病気をふくめ、病気で入院した場合の保障を手厚くしたい方はこちらがおすすめです。

=====================

人によって医療保険に求めるものは違います。

最近では色々な保険会社から様々な医療保険が販売されています。
迷ってしまう場合は、無料でファイナンシャルプランナーに保険相談などができるサービスなども利用して、自分にあう保険を見つけてください。

 

女性のライフステージ別・保険の選び方相談室

女性が入っておきたい保険

おすすめ女性向け保険一覧

女性の保険相談Q&A