女性のための保険相談サイト

保険選びで迷ったら…女性ならではの保険について相談

第一位

保険マンモス


保険マンモス

創業10年を迎える無料保険相談サービスのパイオニア。お客様アンケートでは、95%以上の人が「満足」の評価。経験豊富なFPが多く、相談者一人ひとりに最適な提案をしてくれる。公式サイトで保険診断もできる。

無料相談の申し込みはこちら

第二位

あなたのFP


あなたのFP

生命保険だけでなく、家計や貯蓄、老後の生活、相続、住宅購入などについてもアドバイスがもらえる、オールマイティなFP相談サービス。無料メール相談、無料電話相談など、相談方法が選べる。

無料相談の申し込みはこちら

第三位

みんなの生命保険アドバイザー


みんなの生命保険アドバイザー

「ファイナンシャルプランナーの紹介サイト」として、地域・相談内容から、担当FPをWebから指名できる。FPは、特定の保険会社に所属していないので、相談者と同じ目線でアドバイスしてくれる。

無料相談の申し込みはこちら

HOME » 女性が入っておきたい保険 » がん保険

がん保険

20~50代の間では、女性がん患者数は男性がん患者数を上回ります。
40代では女性がん患者数が、男性がん患者数のおよそ2倍、30代では3倍となっていることをご存知でしょうか。

このことから、最近では女性向けのがん保険が増えてきています。

女性向けがん保険とは

以前からも医療保険や生命保険に女性向けのものがありましたが、ほとんどが普通の保険に「女性疾病特約」を付けたものでした。
最近の女性向けがん保険は、それとは異なります。

女性向けのがん保険は普通のがん保険にはない「治療中だけでなく治療後の生活を支えてくれる」特約があります。
例えば、乳がんで乳房摘出の場合には、術後のリハビリや治療による肉体的苦痛と、乳房を切除した精神的苦痛があります。

女性向けのがん保険にあるのは、精神的苦痛を減らしてくれる「乳房再建給付金」や「全摘出給付金」など。
健康保険が適用されない手術費用もカバーできるようになりました。

がんの入院にかかる費用

がんの入院にかかる費用は医療費だけではありません。

入院が長くなると差額ベッド代、食費、生活のための費用などが必要となります。
仕事もできなくなるので収入が減り、生活費など経済的にも不安が多いです。

先進医療は自己負担

一般保険診療医療の水準を超えた高度な医療技術である先進医療は、厚生労働大臣が定めた大学病院等でのみ受けることができます。

例えば、重粒子線という放射線の一種を照射して正常組織の損傷を最小限に抑えながら、がん細胞を確実に死滅させる「重粒子線治療」。
これは臓器の温存が可能で、肉体的負担が少ないというメリットがあります。

しかし、健康保険の給付対象外なので、全額自己負担となるため高額な費用が必要です。

治療以外にもかかる費用

がんの手術後には再発や転移を早期に発見するために定期検診が必要です。
その1回の検診に10万円以上かかる場合があります。

また、乳がん手術で切除した乳房を再建する乳房再建術には、健康保険適用外となるものもあり、自分で費用を負担しなければなりません。

=====================

このように健康保険だけではカバーできない女性特有のがん。
充実な保障内容の女性向けがん保険に加入して、精神的・金銭的な不安なく治療に専念できるようにしておきたいですね。

色々ある女性のためのがん保険の中から自分にあうものを選ぶために、無料で保険相談などができるサービスを利用してみてはどうでしょう。

 

女性のライフステージ別・保険の選び方相談室

女性が入っておきたい保険

おすすめ女性向け保険一覧

女性の保険相談Q&A