女性のための保険相談サイト

保険選びで迷ったら…女性ならではの保険について相談

第一位

保険マンモス


保険マンモス

創業10年を迎える無料保険相談サービスのパイオニア。お客様アンケートでは、95%以上の人が「満足」の評価。経験豊富なFPが多く、相談者一人ひとりに最適な提案をしてくれる。公式サイトで保険診断もできる。

無料相談の申し込みはこちら

第二位

あなたのFP


あなたのFP

生命保険だけでなく、家計や貯蓄、老後の生活、相続、住宅購入などについてもアドバイスがもらえる、オールマイティなFP相談サービス。無料メール相談、無料電話相談など、相談方法が選べる。

無料相談の申し込みはこちら

第三位

みんなの生命保険アドバイザー


みんなの生命保険アドバイザー

「ファイナンシャルプランナーの紹介サイト」として、地域・相談内容から、担当FPをWebから指名できる。FPは、特定の保険会社に所属していないので、相談者と同じ目線でアドバイスしてくれる。

無料相談の申し込みはこちら

HOME » 女性のライフステージ別・保険の選び方相談室 » 独身の場合

独身の場合

最近はシングルで一生過ごしたいと言う女性が増えてきています。
一生シングルでいる人はもちろん、いつか結婚するにしても、病気やケガの保障をしてくれる保険には入っておきたいですね。

特に男性と違って女性の体はデリケートなので、女性専用の医療保険や女性専用特約に入っておくことをおすすめします。

独身女性のための保険の選び方

現在、扶養している両親や子供がいないなら、高額な死亡保障は必要ではありません。

まず、自分の病気やケガのための保険(入院、がん、3大疾病)について考えましょう。
それから、自分が死亡した場合のことを考え、葬式代などのために400万円前後の死亡保険金を検討しましょう。

独身の場合でも、子供や両親を扶養している場合は、遺族が生活に困らないよう、それなりの死亡保険金を考える必要があります。

年代別・独身女性のおすすめ保険相談

  • 20代:

学校を卒業して社会に出て、色々なことに興味がある年代です。
スポーツ、習い事、ショッピング、グルメなどお金がいくらあっても足りない年頃です。
そして、結婚についても考え始め、結婚資金を貯めている人も多いでしょう。

しかし、若いからと、つい無理をしてしまい、怪我をしたり、体調を崩したりする人も多いです。
結婚費用が入院代などになってしまうことがないように女性の入院やケガに手厚い保険に入っておきましょう。

  • 30代:

仕事もばりばりできるキャリアウーマン世代。
20代の頃と比べると、お給料ももらえるようになって余裕をもって充実した毎日を過ごしている年代です。

30代は女性特有の病気にかかる人も増えてくる時期。
役所から検診のお知らせがきたりと、自分の体を見直すことが大切です。

急に、入院・治療となっても安心できるように、女性特有の病気やがんを保障する保険に早めに入っておきましょう。
女性は男性に比べて保険料が割高の場合が多いので、よく調べて慎重に保険を選びましょう。

  • 40代以降:

40代になると介護保険料の支払いが始まり、老後についても考えるべき年代です。
自分の老後のことも重要ですが、親の介護が始まるのもこの年代からが多いです。

仕事をしながらの介護は精神的、体力的にとてもたいへんなことです。
専門家に介護を頼めるような保険や、自分自身の老後のための保険についても考えなくてはなりません。

将来、希望にあわせて医療保障や年金コースを選べるような保険もあるので、じっくり検討して自分にあった保険を選びましょう。
たくさんありすぎて迷っている、どれが自分にあっているのかわからない、という方は、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみるとよいでしょう。

 

女性のライフステージ別・保険の選び方相談室

女性が入っておきたい保険

おすすめ女性向け保険一覧

女性の保険相談Q&A