女性のための保険相談サイト

保険選びで迷ったら…女性ならではの保険について相談

第一位

保険マンモス


保険マンモス

創業10年を迎える無料保険相談サービスのパイオニア。お客様アンケートでは、95%以上の人が「満足」の評価。経験豊富なFPが多く、相談者一人ひとりに最適な提案をしてくれる。公式サイトで保険診断もできる。

無料相談の申し込みはこちら

第二位

あなたのFP


あなたのFP

生命保険だけでなく、家計や貯蓄、老後の生活、相続、住宅購入などについてもアドバイスがもらえる、オールマイティなFP相談サービス。無料メール相談、無料電話相談など、相談方法が選べる。

無料相談の申し込みはこちら

第三位

みんなの生命保険アドバイザー


みんなの生命保険アドバイザー

「ファイナンシャルプランナーの紹介サイト」として、地域・相談内容から、担当FPをWebから指名できる。FPは、特定の保険会社に所属していないので、相談者と同じ目線でアドバイスしてくれる。

無料相談の申し込みはこちら

HOME » 女性のライフステージ別・保険の選び方相談室 » 子どもが生まれた場合

子どもが生まれた場合

こどもが生まれると、生活費や教育資金などのことを考えて保険を見直す必要があります。
そして、世帯主が死亡した場合のことも考えて、より保障金額の大きい保障プランを検討する必要もあります。

教育費は家計のなかでも大きな割合を占めます。
そして、子供の進路によっては教育費が高額になる場合も…。
いつまでにどのくらい必要なのか、考えておかなくてはなりません。

いざというときのために、今のうちから、家族と保険加入・見直しについて相談しておきましょう。

出産のための医療保険相談

医療保険や入院特約の約款には、「対象となる手術および給付倍率表」というページがあります。

そこには、帝王切開娩出術や子宮外妊娠出術の給付倍率が明記されています。
妊娠・分娩にともなう入院をしたときは疾患名だけでは判断できないので「入院給付金」についての項目はありません。

おおまかに言えば、異常妊娠・異常分娩による入院は入院給付金が支払われ、通常の妊娠・分娩は支払い対象外となります。
しかし、実際の入院給付金支払可否については各保険会社の判断となることが多いです。

専業主婦のための保険相談

専業主婦で家計を支えているのが夫であるなら、自分に万一があっても家族が経済的に困ることはあまりありません。
ただし、自分自身が病気やケガで入院すると支出が発生します。

死亡保障については、自分の葬式代程度の保障で大丈夫。
しかし、病気やケガで入院した場合には、医療費や雑費がかかります。

幼児がいる場合には子供をどこかに預けたり、ベビーシッターを頼んだりする必要も出てきます。
その場合のことを考えて、十分な保障がある医療保険に入っておく必要があります。

シングルマザーの生命保険相談

女手ひとつで子どもを育てる母子家庭は増加しています。
シングルマザーの大きな心配事は「子どもの教育費」、「将来の自分の収入」、「自分に万が一のことがあった場合の子供の生活費」です。

子供一人の幼稚園から大学までの教育費は少なくとも1,000万円、私立大学に下宿するとなると2,700万円ほどかかります。
シングルマザーは、できるだけ少ない保険料で必要な保障のある生命保険に加入することをおすすめします。

  • 学資保険:

自分に万一のことがあっても大丈夫なように、ある程度の教育資金を効率的に積み立てできるのが学資保険です。

学資保険には、2種類のタイプがあります。
教育費を計画的に確実に積み立てる「貯蓄型」と、貯蓄型学資保険に医療保障や死亡保障などを付加した「保障型」です。
シングルマザーの場合、教育費用を確実に貯めつつ、万一の場合の子供の生活費も保証できる保障型の学資保険が良いでしょう。

 

女性のライフステージ別・保険の選び方相談室

女性が入っておきたい保険

おすすめ女性向け保険一覧

女性の保険相談Q&A