女性のための保険相談サイト

保険選びで迷ったら…女性ならではの保険について相談

第一位

保険マンモス


保険マンモス

創業10年を迎える無料保険相談サービスのパイオニア。お客様アンケートでは、95%以上の人が「満足」の評価。経験豊富なFPが多く、相談者一人ひとりに最適な提案をしてくれる。公式サイトで保険診断もできる。

無料相談の申し込みはこちら

第二位

あなたのFP


あなたのFP

生命保険だけでなく、家計や貯蓄、老後の生活、相続、住宅購入などについてもアドバイスがもらえる、オールマイティなFP相談サービス。無料メール相談、無料電話相談など、相談方法が選べる。

無料相談の申し込みはこちら

第三位

みんなの生命保険アドバイザー


みんなの生命保険アドバイザー

「ファイナンシャルプランナーの紹介サイト」として、地域・相談内容から、担当FPをWebから指名できる。FPは、特定の保険会社に所属していないので、相談者と同じ目線でアドバイスしてくれる。

無料相談の申し込みはこちら

 

女性の保険相談お役立ちガイド

女性向けの保険、たくさんあります!

20代~50代では、女性のほうが男性よりも、がんの患者数が多いってご存知ですか?
そんな背景から、女性向け保険が注目されています。
でも、いざ保険選びとなると、いったい誰に相談すればいいのでしょうか。

実は今、FP(ファイナンシャルプランナー)に保険相談をしてから、加入を決める女性も急増しているんですよ。
素人の自分で選ぶより、保険のプロにアドバイスをもらって選んだほうが、いいに決まってますものね。

だって、もし必要のない保険を選んでしまうと、年間数万円・10年間で数十万円も損をすることもあるんですよ…!
そのリスクを防ぎたいなら、FPに相談するのが賢明です。

このサイトでは、女性の保険選びの基礎知識から、無料の保険相談サービスの紹介まで、役立つ情報をまとめています。

管理人の保険の話

女性向けの保険、たくさんあります!

こんにちは、管理人(40代の主婦)です。
これまで私は、夫の生命保険の入院特約に入っているだけでした。
でも、育ち盛りの3人の子供がいるので、「もし私に何かがあったらどうしよう…」と、ずっと不安はあったのです。

そこで、FPに無料で相談できるサービスを利用することにしました。
現在の状況と将来の不安について相談すると、現在の夫の保険では、更新のたびに保険料が上がることが判明。
医療保険は私個人で保険に入ったほうが良いということ、終身にしたほうが良いということをアドバイスしてもらいました。

そうしたことから、月々の保険料を抑えながら、女性特有の病気への保障が手厚くなるような保険に見直すことに。
FPの方に一切お金を払わずして、本当に自分に必要な保険がわかりました。得したと思います。

 

無料でFPに保険相談できるサービス

保険相談
サービス
会社概要 特徴
保険マンモス
保険マンモスHP
保険マンモス株式会社
東京都港区港南2-16-2 太陽生命品川ビル18階

公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/
  1. FPは特定の保険会社に属していないので、「中立公正なアドバイス」を受けられる
  2. 業界での経験、実績が豊富でAFP・CFP・MDRTなどの資格保持者も多数在籍、安心感が違う
  3. 複数社(平均22社)の保険会社の情報があり、顧客に合わせたベストな提案が可能
  4. もしも担当FPからしつこい勧誘を受けた場合、担当者を変更できるイエローカード制度あり
  5. お客さまアンケートでは95%の人が無料相談に満足したと回答
あなたのFP
あなたのFP
SBIライフリビング株式会社
東京都渋谷区道玄坂1-16-5

公式サイト
http://www.fp-guidance.jp/
  1. 複数の会社の多種多様な商品を熟知したFPが、顧客視点で本当に必要な金融商品をアドバイス
  2. 「家計」「保険」「老後生活」「相続」「住宅購入」の各カテゴリを得意とするFP事務所と提携
  3. 無料メール相談、無料電話相談(※対応できない地域あり)も可能
みんなの生命保険アドバイザー
みんなの生命保険アドバイザー
パワープランニング株式会社
東京都渋谷区渋谷2-16-1 日石渋谷ビル6階

公式サイト
http://www.41fp.com/
  1. 中立な立場から顧客にあった最適なプランを用意する
  2. 顧客と同じ目線でライフプランをサポートする
  3. 住んでいる地域や相談内容から、担当してほしいFPの指名ができる
 

女性が保険に入る重要性

一家の大黒柱が男性だった時代と違い、現代は家庭や社会における女性の役割が男性と変わらなくなってきています。
病気などで女性が仕事や家事・育児を休まなくてはいけなくなった時には、家計や家族は大きなダメージを受けます。

最近は女性のがんも多くなり、年間4万人単位で乳がん患者が増加し、多額の治療費から経済的、精神的なストレスが高くなっています。
30代以降の1/3の女性に発症するという子宮筋腫も、筋腫の部位や状態によっては手術・入院の必要があります。

現代は、働く女性も専業主婦の女性も保険への加入の必要があるといえます。
特に女性特有の病気に備えることは大事なのではないでしょうか。

正しい保険選びのポイント

入院給付金・通院給付金・手術給付金、がんと診断された場合の診断給付金、先進医療給付金などがあります。
給付金額は保険会社や商品によって違います。また、給付金額が多くなれば保険料も高くなります。

入院給付金は入院1日目から支払いや、5日以上5日目から支払いなど色々あります。
保険金の請求のとき後悔しないように、よく考えておきましょう。

通常の医療保険と異なり、女性保険は女性特有の病気に対する保障が手厚くなります。
女性特有の病気に備えたいなら、女性保険がおすすめです。
ただし、妊娠中は保険加入が出来なかったり、条件付き契約になってしまいます。
加入条件等は、保険会社によって異なるので、FPに相談して自分にぴったりの保険を見つけましょう。

 
管理人のまとめ

私が保険の無料相談をした会社は保険マンモス

さて、基本の保険選びのポイントはお分かりいただけましたか?
ただ、現在・将来への不安や、備えたい保障は人それぞれ。
自分に合うものを探すのが難しいと感じたら、無理に決めようとせず、FPに相談するのが一番いい方法です。

管理人が無料でアドバイスしてもらったFP相談サービスは、「保険マンモス」でした。FPの方って、知識が豊富で頼りになります!
無理に勧誘されることもないし、お金もかからないので、迷っている人は相談してみては?

女性のライフステージ別・保険の選び方相談室

女性が入っておきたい保険

おすすめ女性向け保険一覧

女性の保険相談Q&A